2015年07月20日

冷風扇の効果は?メリットとデメリットについて




全国的に猛烈な暑さが続いていますね。

クーラーをつけていないと暑くて熱中症になりそうです。

でも、クーラーをつけたいけど電気代はかかるし、体に合わないという方も多いんですよね。

でも扇風機じゃ涼しくないし...。




「冷風扇」は電気代が安価ですし購入を検討している方もいるのではないでしょうか。


冷風扇とは

水を中に入れ、水が気化する時に発生する気化熱を利用し、冷たい風を出すのが特徴。



冷風扇はタンクに水や氷、保冷剤を入れて使います。

冷風扇の風は濡れたフィルターの周りを通ってから室内に出るという仕組み。

少し冷たい風なので、部屋全体を冷やすというのは難しいでしょうね。


水が蒸発するため「湿度が高くなる」ことや、
クーラーみたいに部屋が涼しくならないと買って後悔する方も多いようです。


デメリットしかないようにも感じてしまいますが、メリットがあるから売れてるわけです。




どうして冷風扇が人気があるのか?



・安価で購入できる

冷風扇は扇風機とそんなに変わらない価格で購入出来ます。
最近はDCモーター扇風機が流行っていますが2万円くらいする高いものもありますよね。
それよりも安く買えると思います。



・ひんやりと冷たい自然な風

赤ちゃん、小さな子供がいるとエアコンをつけない家庭が多いですよね。
また、扇風機の羽根を怖がる子供もいるので冷風扇にする家庭もあります。
エアコンは冷えすぎるから使わないという女性もいますので、冷風扇のように自然な風が丁度いいようです。








冷風扇はクーラーのように涼しくはならないので、日中の暑い時には使えないという方もいます。
口コミでよく見るのは、夜涼しくなってから就寝時に使う方や、赤ちゃんや高齢の方はエアコンだと冷えすぎるということで冷風扇を使う方が多いように思います。



冷風扇を買って涼しくないとガッカリする方は、
クーラーの涼しさに慣れてる方か、それくらいの効果を期待してる方じゃないかと思うんですよね。
口コミを見ていると、扇風機より涼しければいいな〜くらいの気持ちで買った方は自然な涼しさに満足しているように思います。


冷風扇は「少し冷たい自然な風が出る扇風機」だと思うと失敗することが少なくなるんじゃないかと思います。


<<<楽天の冷風扇一覧できます
















posted by おすすめ冷風扇 at 21:29| 冷風扇の効果とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。